建物条件なし・建物条件付きとは?妥協しない理想の家づくりを

建築条件なしと建築条件付きの土地の違い

土地探しをしていると、「建築条件付き」という説明が記載された物件を目にするケースがあります。この建築条件付きというのは、文字通り、その土地に建物を建てる際に、一定の条件が設けられているということを意味し、その条件というのは、たいていの場合、建物の建築を依頼する住宅メーカーが指定されているというものです。あらかじめ希望する住宅メーカーがある場合に、建築条件付きの土地を購入してしまうと、そのメーカーと契約することができなくなりますので、そのような場合にはメーカーが指定されていない「建築条件なし」の物件を購入するようにしましょう。なお、建築条件付きと記載されていなければ、メーカーは自由に選べると考えておいて構いません。

建築条件付きの土地のメリット

建築条件付きの土地は、あらかじめ決められている住宅メーカーでしか建物を建てられませんが、それが許容できる人にとっては、いくつかのメリットがあります。まず一つ目のメリットは、相場に比べて販売価格が少し安くなっているケースが多いという点です。少しでも安く土地を手に入れたいという方にとって、建築条件付きの土地は有力な選択肢となるでしょう。また、二つ目のメリットは、住宅メーカーを決めるのに頭を悩まさずに済むという点です。数あるメーカーの中から一つに絞り込むのは、なかなか大変です。建築条件付きの土地であれば、選択の余地はないので、あれこれ考えずにすぐにメーカーと契約して建物の設計に入ることが可能になります。