南東?南西?生活スタイルに合った日当たりとは

南向きと北向きの土地の日当たり

東西南北の方角のなかで、一般的にもっとも日当たりが良いとされているのは南向きの土地です。南向きの土地は、一日中日光に照らされているので、室内が明るい雰囲気になります。さらに実は夏の日中は日がたかいところにあるので、思ったより熱くならないですし、冬は日光のおかげで室内は比較的暖かく保てるなど、環境的にもメリットがあります。しかしその分人気もあるため、ほかの方角の土地よりも価格が高くなるというデメリットもあります。

北向きの土地は確かに日当たりはあまりよくありませんが、夏は涼しいですし、物件価格も南向きの土地に比べれば安いです。そして紫外線の量が少ないため、床や外壁が劣化しにくいといった南向きの土地にはないメリットがあります。

東向きと西向きの土地の日当たり

東向きの土地の日当たりの特徴としては、太陽は東から登るということもあって朝早くから日差しを浴びることが出来ます。そのため冬は早く室内が暖まりますし、洗濯ものを朝から干すことが可能です。その一方で午後からはほかの方角よりも早く陰るため、夕方は寒くなりやすいといったデメリットがあります。西向きの土地は、太陽が沈む方向なので、日照時間を長く確保出来ます。従って布団を干したり乾きにくい洗濯物を干すときにしっかりと日に当てることが出来るというメリットがあります。 また夕方もずっと日に照らされているので、夕方になっても室内は暖かく、さらに夕日を部屋から楽しむことが出来ます。しかし逆に朝はあまり日が照らないので冬場は寒いですし、夏はずっと日に照らされているため、夕方になっても室内は暑くなります。